NEWS
  1. TOP
  2. NEWS
  3. 『埋もれないためのブランディング』
2022_10_03 / NEWS /

『埋もれないためのブランディング』

ANDLOGICはデザインによって課題解決をめざす福岡県のデザイン事務所です。 ブランディング、Webサイト等、UI・UX、グラフィック、プロダクト、商品撮影・ポートレート撮影・動画撮影などデザイン全般の領域をカバーし、一貫したVIを用いてステークホルダーとブランドとのコミュニケーションをデザインし、理想的なブランド体験へ導きます。

branding_1

クリエイティブについて

ブランディング、Webサイト等、UI・UX、グラフィック、プロダクト、写真・動画撮影など幅広い分野のクリエイティブを制作可能なため、企業、団体、個人問わず幅広いデザインによる支援を行っております。

branding_picture_1
branding_picture_2

ブランディングとは

ブランディングとは独自のブランドを作り、ブランドに対する信頼や共感を通じて自社の価値を向上し他社との差別化などを目指します。ブランディングを適切に行うことで、企業・サービスの価値を向上させ、これからの時代に欠かす事のできない『無形資産』となります。

branding_picture_3

ブランド力について

物やサービスが溢れた現代社会で、何かを購入する際に当たり前のように比較検討をしますが、その際にブランド力が有効に働きます。

同じ価格帯で同様の機能にだった場合、多くの人が聞いたことや見た事のあるブランドの商品を購入するのでは無いでしょうか。

さらに知っているブランドの商品が高かったとしても、『信用』という付加価値がある事で自然と金額から信用を差し引きし、知っているブランドの商品を選ぶケースもあると思います。

このようにブランド力があればプレミアム価格で販売する力を獲得することが可能です。

branding_picture_5

長期を見据えたブランディング

ブランディングは様々な媒体によるコミュニケーションが重要であり、ステークホルダーがブランドを認識し、好感を持ち、共感できなければ成立しません。

そのためには一貫したコンセプトを持ち、様々な媒体からのアプローチが必要となります。

branding_picture_6

ブランドとロゴの関係性

ブランドとは本来、他と区別するためのもの

ブランドとは『焼印をつけること』を意味する brander という言葉から派生したものであるといわれており、放牧している家畜に自らの所有物であることを示すために焼印を押した事が始まりです。

ロゴはブランドの顔となりブランドの理念を体現し、顧客と密接にコミュニケーションするツールであり、企業・団体の象徴です。ただのマークとは違いとても大切な役割を担っています。

ブランディングを始める上で最も最初に取り組むべきはロゴです。

branding_picture_7

上の図は最も単純なロゴの必要性を表しており、全く同じ書体・色を用いた場合、いくらユニークな名前をつけたとしても識別するのも難しく、ましてや理念や会社のイメージなど全く伝わってこないと思います。

ロゴにはそれぞれに意味やストーリーがあり、それらを『視覚化』することで見た人とコミュニケーションを図る大きな役割があります。

branding_picture_8

人は文字よりも絵や写真の方が注目しやすく、

記憶も早いためブランドロゴには大きなメリットがあります

ブランドが提供している『商品やサービスが良かった』という体験が積み重なるとブランドと顧客との間に『信頼』と同時に『期待』が生まれ、さらにそれがイメージ化されます。

そのためには他と区別してもらうためのロゴが必要になり、そこにロゴが無ければ、信頼関係を作ることは非常に困難になるのです。

branding_picture_10
サンプルのデザイン

ロゴデザインについて

ロゴは絵や画像のように右脳で処理される情報です。右脳は同時に「感情」も処理しています。

ロゴは頭の中で直感的に処理され、右脳で処理されると長い間記憶に残ります。良いイメージでロゴが印象に残ると、そのロゴは長い間その人の中で「良いもの」=「良い商品、良い会社」として記憶され、企業・サービスのイメージをより良いものだと認識され信頼感と期待感を得ることができます。

ここからは、サンプルのロゴデザインを用いて、ロゴデザインの重要性と展開についてご説明いたします。

branding_picture_12

ブランドカラー

色はブランドのアイデンティティの中心となる役割をもち、ステークホルダーや社会に認知していただくための大事な要素」です。そのため安直な好き嫌いで選んで良いものではなく、「ステークホルダーや社会に一番伝えたいイメージとは何か?」「企業やサービスを最も表しているカラーは何か?」などを判断基準に決定する必要があります。

branding_picture_11

ロゴを使用する際に背景色に十分なコントラストが得られないままの使用や規定の背景色以外での使用は思いがけない コミュニケーションロスを発生させてしまいます。

そのためあらゆるシーンを事前に想定しブランドカラーを選択する必要があります。

*1 コミュニケーションロス

相手と意思疎通がとれずお互いに認識のズレが生じるなど、コミュニケーション不足を原因として生じる損失やミス、トラブルの事で、この場合はブランド側とステークホルダーとのコミュニケーションを指します。

branding_picture_13

ロゴガイドライン

ブランドロゴはブランドの顔であり、世界観を表現し発信する重要なものです。

そのためにロゴのガイドラインを設定します。ガイドラインにはロゴの最小サイズやアイソレーション、禁止事項など様々な誓約事項を設定し、ロゴの使用の一貫性を保つことで、ブランドのメッセージ、考え方、ビジュアルなどブランド全体の表現が統一され正しくコミュニケーションを図ることができます。

branding_picture_15

インナーブランディングの重要性

企業の中枢から離れた立場になると理念や本来発信したいブランドイメージの理解が出来ていない場合が多く、企業中枢の経営層と、そこから大きく離れたアルバイトや新入社員では大きな差が生まれます。

社員が同じ方向を向き、一人ひとりが世の中に対して常に新しい価値提供を行うために社内の理解を深めるが必要になります。

branding_picture_14

ロゴの展開

ロゴを用いたパターンやテキススタイルを事前に想定して制作し、あらゆる制作物に活用することで、より効果的にブランドイメージの発信を行うことが可能です。

branding_picture_16

オリジナルパターン

ロゴを用いたパターンやテキススタイルを事前に想定して制作し、あらゆる制作物に活用する

ことで、より効果的にブランドイメージの発信を行うことが可能です。

branding_picture_17

オリジナルアイコン

ブランドオリジナルのアイコンを活用することで、一貫性のあるVIを発信し、様々なシーンでブランドイメージの発信を円滑にすることができます。

オリジナルアイコンではアイコンの統一感を持たせるために、配色や形状に特定のルールの上で作成し、ブランドの世界観を遵守することが必要です。

branding_picture_18

オリジナルサイン

会議室のプレートや階段のサインなどにも、ブランドの世界観を意識したサインを使うことで、来客に対してはさりげなくブランドの世界観を与え、普段そこで働くスタッフに対してはブランドの世界観を忘れないなど、様々なメリットがあります。

branding_picture_20
branding_picture_19

オリジナルフォント

フォントは、声に当たるものだと考えます。『元気で活発な青年のような声』や『奥ゆかしい女性の優しい声』などをフォントによって視覚的に表現することができます。

ブランド独自のフォントを持つことで、世界観をより強固に表現できるほか、誰が使っても同じ印象を与えるため、社内で完結するプレゼン資料なども統一感のある表現が可能です。

ロゴアニメーション

近年では動画コンテンツの需要が高まり、企業の公式YouTubeなど一般化しております。

そういった動画の中で独自のロゴアニメーション用いることで、動画ごとにロゴの表現が違うという事態になることを防ぎ、特定のアニメーションを使い続けることで映像として視聴者の記憶に残るなど、ブランディング活動にとって有効に働きます。

さいごに

通常のデザイン制作では納品が終われば、そこで一旦は終了になるのですが、

ブランディングに関わらせていただくと、半永久的にお付き合いさせていただくことになり、むしろ納品してからがスタートだと思っており、双方の理解と切磋琢磨する互いの姿勢のもと共創していくことが何よりも重要だと思っています。

常に変わりゆく社会の中で、社会にとって必要のないブランドや発信することが苦手なブランドは誰にも気づかれることなく終わっていき、新しい記憶に塗りつぶされていきます。

そんな世の中で必要とされるブランドになり、愛され育まれるブランドに携わることが出来れば幸いです。

TOPへ